色 違い。 「昼光色」と「昼白色」「電球色」の違いは?

「昼光色」「昼白色」「電球色」

色 違い

キウイの色で多いのは緑の果肉のキウイと、黄色い果肉のキウイですよね。 緑は昔からありましたが、黄色のゴールドキウイは割と新しい感じがします。 この緑と黄いろのキウイ、色以外に違いはあるのでしょうか? ここでは緑のキウイと黄色のキウイの違いについてご紹介します。 緑と黄色の違い キウイには緑色のグリーンキウイと黄色のゴールドキウイがあります。 果肉の色の違い以外にも違いがあるようです。 「甘さ」が違う! 緑と黄色のキウイの一番の違いは、 「甘さ」ではないでしょうか。 緑のグリーンキウイよりも黄色のゴールドキウイの方がとっても甘いのです。 グリーンキウイの平均糖度が14~15度と言われているのに対し、ゴールドキウイの平均糖度は17~18度もあると言われているそうです。 酸っぱいものが食べたいときはグリーンキウイ、甘いものが食べたいときはゴールドキウイ、と分けておくといいかもしれませんね。 キウイの特徴である「毛」がゴールドキウイにはない? キウイの特徴でもある皮のまわりについている「うぶげ」なんだか動物っぽくてかわいいですよね。 この「うぶげ」、ゴールドキウイでは薄くなってしまっているんです。 ないわけではないのですが、グリーンキウイに比べてとても薄いようです。 あの毛があってこそのキウイなのに、なんだかちょっと寂しいですね。 栄養面でも緑と黄色に違いが? 緑と黄色のキウイの違いは、味と見た目だけではなかったのです。 なんとキウイ自体に含まれている栄養素も緑と黄色では違うようです。 違いは味と見た目だけだと思っていたのでびっくりです。 ビタミンCの多いゴールドキウイ ゴールドキウイはグリーンキウイよりもビタミンCが多く含まれていて、なんとその量はグリーンキウイの2倍近くにもなるようです。 ゴールドキウイにはレモン8個分のビタミンCが入っていると言われていて、1個食べればビタミンCの1日推奨摂取量の1.5倍以上を取ることができるそうです。 風邪の予防にいいかもしれませんね。 スポンサードリンク 食物繊維の多いグリーンキウイ グリーンキウイ100グラム中、食物繊維が3グラムも含まれているそうです。 ゴールドキウイの2倍近い量です。 この食物繊維の量は、バナナの3倍と言われているそうで、お腹の調子を整えるのにいいかもしれませんね。 アクチニジンが多いグリーンキウイ さらにグリーンキウイには、たんぱく質分解酵素であるアクチニジンがゴールドキウイよりも多く含まれているそうです。 食後30分以内にキウイを食べることで、消化を促進し、肉を食べたことによる胃もたれを防ぐ効果が期待できるそうです。 焼き肉のあとにキウイを食べると効果的かもしれませんね。 まとめ 緑のキウイと黄色のキウイには、味や見た目の違いだけでなく、栄養面でも違いがあるようです。 お腹の調子が悪いときにはグリーンキウイを、疲れがたまっていたり免疫力が気になっている人にはゴールドキウイがおすすめです。 体調によって食べるキウイを分けるのもいいかもしれませんね。 スポンサードリンク 今のあなたにおすすめの記事 カテゴリー•

次の

色留袖と訪問着の違いとは?格の違いはあるのか

色 違い

太陽活動 固体、液体、気体に続く物質の第4の状態を プラズマといいます。 プラズマは、原子を構成しているプラスの原子核とマイナスの電子がバラバラの状態になり、自由に動きまわる荷電粒子の集まりのことをいいます。 太陽が輝いているのは、重力により閉じ込められたプラズマの中で、核融合反応が起こっているからです。 太陽の表面には、太陽半径の数倍の コロナが広がっています。 コロナは、100万度以上のプラズマからできていて、太陽自身の引力でひきつけられてい ますが、つなぎ止めることができないで、放出されたプラズマは、太陽風と呼ばれ、地球へも到達します。 太陽風の原因となるのは、 太陽フレアと コロナホールです。 太陽フレアは太陽の表面で起こる爆発現象で、太陽の赤道付近の低緯度でよく起こります。 その発生原因は、よく分かっていませんが、太陽黒点の磁場と深い関係があるとされています。 太陽フレアが発生した2~ 3日後に、活発なオーロラが出現することがよくあります。 太陽風のもう一つの原因は、コロナホールです。 コロナホールは高速の太陽風が吹き出している場所で、太陽の高緯度に多く見られますが、赤道部分にも現れ、太陽自転とともに動きます。 したがって、太陽の自転周期27日毎に地球は強い太陽風を受けることになります。 太陽活動は約11年周期で変動することが知られていて、オーロラの出現ピークは1つの太陽活動周期の中に2つあります。 1つは太陽フレア、もう1つはコロナホールが原因のもので、両者の活動ピークは数年ほどずれています。 地球は大きな一つの磁石と考えられ、地球全体を包み込む巨大な磁場を形成しています。 地球に磁場が形成されなかったならば、強い放射線を伴う太陽風が直接地球に押し寄せ、地球には大気も水も存在できず、生命の誕生はなかったと考えられています。 オーロラが発生する仕組み 太陽風のプラズマ粒子は千Vから1万Vくらいまでの電圧で加速され、地球の外から地球の磁力線に沿って大気中に飛び込んできます。 この荷電粒子のエネルギーは、陽イオンと電子で構成される高温のプラズマです。 地球の大気には、酸素原子と窒素分子が存在しています。 このプラズマ粒子が大気中の酸素原子や窒素分子と衝突すると、持っていたエネルギーを大気中の酸素原子や窒素分子に与えます。 エネルギーを与えられた酸素原子や窒素分子は励起状態と呼ばれるエネルギーの高い状態になります。 励起状態は不安定なため、元の安定な基底状態に自然に戻りますが、この時、 2つの状態のエネルギーの差の分だけ光を放出することになります。 このエネルギー放出による発光が、オーロラとして発光します。 オーロラの高さ オーロラが光る高さは 、高度が約80km~500kmくらいの電離層と呼ばれるところです。 大気圏では高度が低くなるほど、大気に含まれる原子や分子の密度は濃くなっていきます。 そして、これは宇宙から降り注ぐプラズマ粒子に対する地球の防御壁が強くなっていき、プラズマ粒子は侵入することができなくなります。 高度が高すぎると、大気の密度が非常に薄いので、プラズマ粒子と大気中の原子の衝突が起こらないため、高度500km以上ではオーロラは発生しません。 スポンサーリンク オーロラの色の違い オーロラの色は、大きく分けると下から紫、緑、赤からなります。 色は一般に、光の波長の長さの違いにより、赤、黄、青、緑、紫などに変化します。 波長が短い光ほどエネルギーは大きく、波長が長い光ほどエネルギーは小さくなります。 紫色の光は、波長が短いので、エネルギーは大きく、赤色の光は、波長が長いので、エネルギーは小さくなります。 オーロラの光は大気の酸素原子や窒素分子が励起状態から元の基底状態へ戻る時のエネルギーの差分を光として放出しますから、エネルギー差が大きいと、ピンクや紫色、小さけれ ば、赤色、その中間で緑色を発光させることになります。 原子や分子の励起状態や基底状態のエネルギーは、量子力学によって決まったいくつかの離散的な状態しか持つことができないので、オーロラの色は虹のように連続的な色彩を放つことはなく、ある程度決まった色でしか光ることはできません。 赤色の発光と同じように酸素原子が励起して発光しますが、衝突するプラズマのエネルギーが強いため、酸素電子は赤色の時より、よりエネルギーの高い励起状態になります。 このため、元の基底状態に戻る時は、差分のエネルギーを赤色よりエネルギーの大きい緑色の光を発します。 同じ酸素原子でも、高度により発光色が異なるのはこのためです。 ここまでプラズマ粒子が到達するには、かなり強いエネルギーが必要となります。 そのため、プラズマが衝突する窒素分子や窒素分子イオンを励起させるエネルギーも強く、 励起状態と基底状態の差のエネルギーがより大きくなることで、ピンク色や紫色の光を発します。 ピンク色は窒素分子、紫色は窒素分子イオンによるものです。 まとめ オーロラは、太陽から放たれた太陽風のプラズマ粒子が、地球に到達して、大気中の酸素原子や窒素分子と衝突して、エネルギーを与えられた結果、励起状態になります。 励起状態は不安定なため、元のエネルギーの低い基底状態に戻る時、そのエネルギーの差 が光の形で放出されます。 これがオーロラが光る仕組みです。 オーロラは、約80~500kmの高度で光ります。 オーロラの色は下層から順に紫、緑、赤に見えます。 大気中の原子、分子の種類やプラズマ粒子のエネルギーの大きさが、オーロラの色が違ってくる理由です。

次の

「色の違い」に関連した英語例文の一覧と使い方

色 違い

「彩」は声符は「采(さい」で、草木を采取するという意。 染色料として用いるので采色の意となり、その文彩を示す彡(さん)を加えて「彩」となりました。 文彩(取り合わせた色、あや。 もよう。 色どり)の意に用います。 訓は「あや・いろどり」で、ほかに古典には「あや、いろどり、いろ。 つや、ひかり、かざり。 たくみ、もよう、みなり。 」などの読みもあります。 というわけで、「彩」にはただの「色」ではなく鮮やかなさまざまな色の取り合わせといった意味が含まれます。 ここは「あや」と読むのでしょう。 蔦紅葉はただ枝についていればただの「色」に過ぎないが 秋の日に照らされながらひらひらと舞い落ちると光線がさまざまな角度から当たって、きらめくようなとりどりの色彩をみせてくれる そういう風景だと思います。 650年 使用する場面によって、同じ場合もあるし 異なる場合もあります。 漢文では、こういう現象を 対異散同(たいいさんどう)と言います。 漢字の意味の違いを意識して対で使う時は 異なる意味になり、違いを意識しない時は 同じ意味になるという現象です。 この俳句はもちろん漢文ではありませんが、 彩と色の意味の違いを意識して対で使っていますので、 対異の例と言えます。 一方で、五彩と五色は同じく 五種類の色という意味で散同の例です。 また、色彩という熟語は 色と彩の意味の違いを意識していません。 むしろ拡大や縮小などと同様に、 同じような意味の漢字を重ねて作る熟語の仲間で、 色も彩も同じような意味として使用されています。 色と彩の意味の違いは、他の方も指摘しているように、 色は均一な単色の場合にも使いますが、 彩はもともとが模様などの意味ですから 均一な単色には使わないでしょう。 一色であっても、少なくとも濃淡や明暗がないと 模様にはなりませんから。

次の