軽減税率は いつまで 続く のか。 消費税の軽減税率っていつ終わるの?

軽減税率がいつ終わるか今のところ未定!対象商品や例外もわかりやすく解説!

軽減税率は いつまで 続く のか

軽減税率はいつまで実施される? まず、そもそも、軽減税率とは、何なのでしょうか…? 2019年10月の消費税増税によって、低所得者に負担が及んでしまうため、一定の対象品目に対しては、消費税額を減らすというものです。 分かりやすく言えば、すべてというわけではないものの、 ケースバイケースで消費税の負担が減るということですね。 そんな軽減税率ですが、 このまま恒久的に続くのか、期間限定なのかが気になりますよね。 実は、こちらはまだ、決まっていませんでした。 政府も国税庁も、2019年9月現在、具体的にいつまで実施する予定なのかについては、言及していなかったのですね。 ちなみに、 軽減税率がスタートする時期については、消費税が増税される2019年10月1日からとなっていました。 少なくとも、すぐに終わってしまうことはないだろうと思いますが、出来るだけ早く明らかになってほしいものですね。 ただ、水道水が対象外というのに納得がいかないという人が多いと言われています。 水道水が対象外である理由は、水道水は飲用に使われるよりも、お風呂やシャワー等の給湯に使われる量の方が圧倒的に多いからだということですので、飲料水である「ミネラルウォーター」と区別されているわけです。 さて、軽減税率は、おなじ食品であっても、対象となるのかどうかはケースバイケースのようですね。 それでは、ファミリーレストランなどにおける外食の場合、どうなっているのでしょうか。 こちらは、 持ち帰る場合には対象 となり、店内で食事する場合には対象外でした。 くれぐれも間違いがないように、気を付けておきたいものですね。 軽減税率、NHK受信料はどうなる? 続いては、NHK受信料に軽減税率は適用されるのかどうかを見ていきましょう。 NHK受信料といえば、参院選で議席を獲得したN国党が話題になっていますが、はたして…? 結論からいいますと、こちらは 対象外なのでした。 水道水、電気、ガスといっしょで、公共料金だからだったのですね。 とはいえ、NHK受信料といえば、NHKの番組を観ていないという理由などで、自分はどうしても支払いたくない、という方も少なくないことで有名です。 N国党が参院選で議席を獲得できた理由も、ずばりここにあるといえるでしょう。 ゆえに、対象外だったことは、こういう人たちにとっては酷な結果となりましたが、 NHKは、受信料収入を値下げしたり、消費税増税分を肩代わりするなどして、実質的な値下げとするそうですよ。 これなら、支払いたくない人たちも少しは納得できるのではないでしょうか。 軽減税率、病院食はどうなる? 最後に、病院食に軽減税率は適用されるのかを確認したいと思います。 ミネラルウォーター、清涼飲料水、生きた魚、外食の持ち帰りなどは対象、水道水、酒、外食の店内飲食などは対象外だったわけですが、病院食の場合は…? 実は、こちらは、軽減税率の対象、対象外といったことは問題ではありませんでした。 なぜならば、 そもそも消費税の課税対象ではなかったからです。 つまり、非課税だということですね。 ただし、入院している患者が特別に食事をした場合など、例外もありますので、ご注意を。 軽減税率1つをめぐっても、シンプルなような、複雑なような、微妙な感じですね。 ミネラルウォーターや病院食に消費税増税の影響がもろに出ていたら大変ですから、そうでなくて本当によかったですが。 消費増税はうれしいことではありませんが、こんなことでもなければ税金を考えることはありませんから、そういう意味では、悪いことでもないのかもしれませんね。 ドラマの見逃し配信や映画、電子書籍等を月額料金で楽しめる動画配信サービスVODが注目されています。 月額料金は1,990円(税別)。 現在、初回登録時には 31日間の無料期間があります。 全てが見放題ではなく、PPVといって動画ごとに課金して見るものも含まれていますんで、まずは でどんな動画があるかチェックしてみると良いですね。 NHK朝ドラ 「まんぷく」の動画を見るには別途NHK見逃し見放題パック(月額税別900円)への登録が必要です。 電子書籍の「雑誌読み放題」が評判で、有名雑誌の最新号が追加料金無しで読めます。 月額は888円(税別)で、初回登録時には 1ヶ月無料トライアル(Amazonアカウントでの登録必須)が適用されるためお試しでの登録もおすすめです。 トライアル期間内に解約すれば料金発生しません。 現在、 14日間の無料期間があるのでお試し登録してみることをおすすめします。 日テレが運営していることから、日テレのテレビ動画が多く見れますね。 また、独占配信動画が多く、オリジナルコンテンツが豊富です。

次の

消費税の軽減税率はいつまで続く?対象品目や実施理由を徹底解説!

軽減税率は いつまで 続く のか

・ いちご狩りの入園料 いちご狩りの入園料は、外食同様 標準税率10%が適用されます。 収穫した果物を持ち帰る場合で、入園料とは別に徴収する場合は 軽減税率8%が適用されます。 このように、軽減税率は 「食用に該当するのか」「医薬品ではないか」「酒類に該当しないか」「外食のような役務の提供が行われていないか」で適用されるかどうかが決まりますが、 事例を見ないと判断しづらいのが現状です。 なお、外食チェーンでは、独自政策として 通常消費税によって税込価格が異なる店内飲食テイクアウトも同じ価格にしているところががあります。 例えば、マクドナルド・松屋・すき家・ケンタッキー・サーティワン等です。 さらに、軽減税率による税込価格が変わる他にも、決済手段により実質価格が異なります。 キャッシュレス決済手段 概要 クレジットカード 買い物時の支払いはカード会社が建替、後から買い物した利用料金の支払い請求が来る。 カードを作る際に与信審査がある。 デビッドカード 買い物時に代金が銀行口座から即時引き落とされる。 クレジットカードと異なり与信審査は不要。 電子マネー、プリペイドカード 前もってお店のレジや専用機械でカードやスマートフォンに入金(チャージ)しておくと、そのチャージ金額の範囲内で支払う、前払い式決済で与信審査は不要。 QRコード決済、スマホ決済 スマホのお財布機能(ApplePay、GooglePayなど)やアプリ(楽天Pay、PayPayなど)にクレジットカードや銀行口座を登録し、スマホをタッチするかアプリに表示されるQRコードを読み取ってもらい決済する方法。 楽天カードは年会費無料で、専業主婦・パート・アルバイト・学生の方でも申し込めるカードです。 また、QRコード決済なら「楽天ペイ」でも楽天ポイントのポイント還元が受けられます。 さらに、楽天ポイントで資産を増やすことができるのがです。 楽天ポイントで楽天証券「つみたてNISA」口座で投信積立ができる.

次の

消費税10%の軽減税率で食品の対象品と対象外はなに?いつまであるの?

軽減税率は いつまで 続く のか

2019年10月に消費税10%に!軽減税率とは?いつまで軽減税率は続く? 軽減税率とは? 関連記事 消費税の軽減税率制度とは、飲食料品や医薬品など一部の商品に対して、消費税増税後も8%の軽減税率を適用する というものです。 しかし、テイクアウトとイートインで税率が変わるなど軽減税率は消費者にとって分かりにくい部分が多いことが問題になっています。 今回軽減税率の対象となる場合、ならない場合を理解しておきましょう! 軽減税率がいつまで続くかは決まっていない 軽減税率が適用される期限は発表されていません。 ですので軽減税率が適用されるのは、2019年10月~未定となります。 食費の増減は家計に響くものですので、なるべく長く軽減税率が適用されるといいですね。 軽減税率では外食は対象外、自炊で節約を!またはテイクアウト・宅配もお得! 飲料食品 肉、野菜、魚、お菓子などの 食品、調味料は軽減税率の対象となり、 税率は8%です。 また、アルコールの含まれない飲み物も軽減税率の対象となります。 スーパーや八百屋、魚屋などの小売店で食品やを買う場合や自動販売機で飲み物を買う場合などが考えられます。 増税後は、自炊をして外食の回数を減らすと効果的に節約できそうです! テイクアウト カフェやレストランでごはんや飲み物を持ち帰る場合、軽減税率の対象となります。 しかし提供された場所で食べる場合、「外食」とみなされ、軽減税率は適用されません。 そしてその場で食べるかテイクアウトが選べる場合、注文したときの意思表示によって変わってきます。 例えば、「食べきれないから持ち帰ります」といっても、注文時にイートインを選んでいれば消費税は10%になってしまいます。 ショッピングセンターのフードコート、コンビニのイートインスペース、ホテルのルームサービスも「外食」に含まれます。 宅配サービス ピザや、お寿司、そばなど出前・宅配サービスは軽減税率の対象となります。 ウーバーイーツなどの宅配サービスも軽減税率に含まれます。 店で食べるのと宅配サービスを利用して家で食べるのとでは同じ商品でも税率は変わってくるということになります。 増税後は、軽減税率が適用される宅配サービスの需要がさらに高まるかもしれませんね。 補足:紙媒体の新聞 新聞も軽減税率の対象の1つです。 ただし、以下の条件を満たす必要があります。 <軽減税率の対象となる新聞の条件>• 定期購読契約が締結されていること• 週に2回以上発行されること• 政治や経済などの一般社会的事実を掲載されていること 注意しなければいけないのが、駅やコンビニで購入する場合は10%の消費税がかかることです。 また、 電子版の場合、軽減税率の対象にはなりません。 ファストフード店やレストラン、カフェで飲食をする場合が外食に該当します。 先ほど紹介した通り、軽減税率はテイクアウトするのかイートインで食べるのかによって変わってくるものです。 例えばファストフード店で注文時に「持ち帰ります」といった場合、税率は8%、「ここで食べます」といった場合、税率は10%となります。 しかし消費者側の混乱を避けるために、イートインとテイクアウトで価格を一定にするチェーン店もあるようです。 ですので10月1日から一律で増税されます。 小さな子供がいる家庭で大量に必要になってくるおむつや、介護の現場で使われる介護用おむつなどに適用されないことになります。 先ほど飲食料品は軽減税率の対象と紹介しましたが、酒類は例外です。 ただしアルコール度数の低いみりんなどの調味料、ノンアルコール飲料、甘酒などは酒類とみなされず、軽減税率のなります。 また、お酒を使ったお菓子も酒類には含まれません。 ペットを飼っている方にとっては毎日消費するものですので、増税後は家計の出費が増えてしまいますね。 ですので 薬局で販売される風邪薬や、痛み止めなどの薬に軽減税率は適用されません。 ただし「医薬品」や「医薬部外品」に該当しないものもありますよね。 例えば、医薬外部品に指定されていない栄養ドリンクや健康食品などが挙げられます。 これらは食料品とみなされ、軽減税率の対象となります。 キャッシュレスで消費者に5%or2%のポイント還元あり! キャッシュレス・消費者還元事業とは?いつからいつまで? このキャッシュバック制度は、キャッシュレスの買い物に対して一定割合を消費者に還元するものです。 還元期間は2019年10月から2020年6月の予定です。 キャッシュレス決済を進めたい国が消費税増税に伴い、決定した制度になります。 キャッシュバックの割合、対象店舗は? 還元率は、買い物をする店の区分によって定められています。 中小小売、飲食、宿泊 5%還元 コンビニ、外食、ガソリンスタンドなど 大手系列のチェーン店 2%還元 百貨店など大企業や病院、住宅など一部の除外業種 還元なし 中小の小売店に対しては5%の還元があり、増税の2%を考えても、3%分お得に買い物ができることになります。 ただし 換金性の高い商品券や切手、債権、株式は対象外になっています。 転売によってもうけを出すなどの方法が考えられるからです。 次に実際に対象となっている店舗を紹介します。 全国合計239,273店が加盟にしており、電気製品の販売店がかなり多いことが分かります。 対象となる決済手段は? や電子マネー、QRコード、モバイル決済決済方法で買い物をすることが条件になります。 登録事業者には、大手のクレジットカード会社やPayPay、LINEpayなど多くの企業が含まれます。 今まで買い物は現金でしていた方も、キャッシュレスに切り換えを検討しても良いかもしれません。 キャッシュレス・消費者還元事業について、詳しくは以下の記事を参考にしてください!.

次の