ドメスティックブランド。 それぞれ違いを解説!ドメスティックブランド?インポート?ファストファッション?セレクトショップ?

【楽天市場】インポート&ドメスティック ブランド古着の買取販売:select7楽天市場店[トップページ]

ドメスティックブランド

ドメスティックブランドとは? domestic(ドメスティック)とは「家庭的、国内・自国に関するさま」を表す英語です。 つまりそのままの意味で「日本国内のブランド」を意味します。 ドメブラ、ドメと訳される場合もあります。 ファッションブランドの多くはコレクション(ファッションショー)を行いますが、近年では日本国内のブランドでも海外でショーを行う場合も多くなっています。 人気&定番のドメスティックブランド19選 素材感やシルエットが秀逸、デザインが奇抜過ぎない、価格が高すぎない、そのブランドのアイデンティティが確立されているなど、一般的に選びやすく広い支持を受けているブランド。 余計なものを取り除くことでいいものが生まれる、という信念のもと洋服作りを行っている。 洋服に使用する糸から編み立て、加工までこだわり抜き自社で工場を持つことでも知られ、ベーシックながらひと捻り加えられたウェアが人気。 肩肘張らずにサラっと格好いい洋服を楽しめるブランドで、年齢を問わず着こなせるアメカジ寄りのウェアを展開。 シャツ類は2万円前後から。 刺繍やスタッズなどさりげなく凝った作りです。 LOUNGE LIZARD(ラウンジリザード) 1998年に設立されたドメスティックブランドの代表格。 八重樫学、東郷達也、有働幸司3名が立ち上げ、現在ブランドの顔になっているのは八重樫氏。 カジュアルファッションがベースながら作りが細く、身体にフィットするシルエット。 特にデニムはかなりスリム。 気取らず、遊びが少なく、あくまでベーシックで合わせやすいのが特徴のため、ファッション初心者からの人気も絶大。 アウター類は3万円台後半から。 MARKAWARE(マーカウェア) 石川俊介氏が2003年に立ち上げたブランド。 立ち上げ当初より素材や製造工程まで日本国内で行い、洋服のクオリティを重視したシンプルなウェアを展開。 ブランドはマーカウェア MARKAWARE とマーカ marka の2種類があり、MARKAWARE(マーカウェア)は上質で洗練された大人向けのウェア、マーカ marka はよりカジュアルなライン。 レトロな60年代~70年代風の服作りがベース。 ATTACHMENT(アタッチメント) 世界的デザイナーである三宅一生氏に従事したデザイナー・熊谷和幸氏によって1999年に設立されたファッションブランド。 ストリートウェア寄りのベーシックなファッションアイテムを縫製・質などに徹底的に拘り作り上げ、海外でも好評を博す。 着心地の良さにも定評があり、レザージャケットは細身ながらとても軽く、柔らかい。 海外向けに展開していたも国内で同時展開中。 こちらはやや海外ブランドのようなデザインが意識されています。 ベーシックだけどどこかスタイリッシュなウェアをお探しの方に。 後述するファッションブランド「wjk」のラグジュアリーラインという位置づけ。 ちょっとワルっぽいような、色気の入ったテイストの服作り。 アクの強いアイテムも多いので、組み合わせ方に要注意。 イタリアンテイストのファッションアイテムが揃う。 価格帯:Tシャツ2万円前後~、ジャケット6万円~、レザージャケット10万円~ wjk(ダブルジェイケイ) 2004年にセレクトショップのバイヤーとして活躍していた橋本淳が立ち上げたブランド。 ダメージデニム、タイトなミリタリージャケットやレザージャケットなど、男らしい色気のあるリアルクローズがメインで合わせやすい。 細身ながらどこかリラックス感があるなど、上級ラインのAKMと合わせてイタリアの洋服っぽい作り。 JOHN LAWRENCE SULLIVAN(ジョン ローレンス サリヴァン) 元プロボクサーという異色の経歴を持つデザイナー・柳川 荒士が2003年にスタートしたファッションブランド。 英国で服作りを学んできた背景からブリッティッシュテイストの鎧のように纏うタイトシルエットの服が特徴的。 テーラードジャケットのクオリティに格別の人気があり、多くのファッションオタクがドメスティックブランドNO. 1と推す。 毎年定番のライダースは15万円前後です。 ETHOSENS(エトセンス) 2003年にエトスというブランドでスタートし、2007年から現在のETHOSENS(エトセンス)というブランド名で展開中。 シルエットや洋服そのものが持つ質感を重視したアイテムが多く、男らしさよりも繊細で中世的な世界観を構築。 ファッションオタクを中心にコアな人気を獲得しています。 メンズノンノ系が好きな細身の塩顔男子に。 DISCOVERED(ディスカバード) 木村多津也、吉田早苗2名によるファッションブランド。 デザインを抑えたベーシックなウェアとオリジナリティあふれるアイテムとの展開のバランスが良く、コーディネートに外しとして入れたり、人とは違ったワンランク上のオシャレな着こなしにチャレンジしたい人におすすめ。 価格もセレクトショップオリジナル商品とそれほど大差がないので手を出しやすい。 KURO(クロ) 2010年にスタートした比較的新しいデニムブランド。 縫製・染色・加工など細部までこだわった「ジャパンメイド」のデニムが人気を博し、国内にとどまらず海外のセレクトショップでも展開され人気を博す。 お値段もそれほど高くないため、デニムを探している人はまずチェックしてみたい。 ウェアもデニムに合うベーシックで合わせやすいものばかり。 ビジネス、冠婚葬祭、デート、会食など、男性の生活に欠かせない「ジャケット」を身体の作りにフィットした芯地や立体的なシルエット、良質な素材によって作り、コストパフォーマンスの高い価格で提供してくれる数少ないブランド。 ジャケットは5万円前後、スーツは9万円前後で展開中。 その他の定番ブランド 、、、、、、、、 細身&ロック系20選 細身で華奢な体型が多い日本人にもフィットする、タイトめの洋服をリリースするブランド。 レザージャケットやミリタリージャケットなど、男臭さや色気をアピールするような服が多く、定番ブランドに次いで人気のライン。 コーディネートもしやすく安心。 LITHIUM HOMME(リチウム オム) 法政大学を卒業後、ジャーナルスタンダードを経て独立した平松剛が立ち上げた2005年スタートのドメスティックブランド。 ジャニーズ、ロックバンド、俳優など様々な芸能人がドラマ、TV番組、PV、雑誌メディアなどで着用し、2000年代後半にレザージャケットが大ブームに。 クセのないベーシックなアイテムが多いためあらゆるファッションに合わせやすく、XXSからの豊富なサイズ展開のため似合う服がなかなか見つからない細身男子にも最適。 価格はアウターが10万円前後~と中・高価格帯。 ato(アトウ) 1993年から続く老舗ドメスティックブランド。 細身のレザージャケットやテーラードジャケットが人気の一方、原色系のアウターやパンツ、近未来的なデザインのアウトドアジャケットなど、個性的なアイテムも多数展開。 これらをMIXさせるような前衛的なデザインを提案することでも知られています。 ISAMU KATAYAMA BACKLASH(イサム カタヤマ バックラッシュ) 革の品質を追求し、日本製や職人による手作業に拘る1999年設立のドメスティックブランド。 新品時から独特のシワや肉厚感のあるレザージャケットや財布などが人気の他、オーダーのスーツなども提供しています。 レザージャケットは20万円前後と高額。 5351 POUR LES HOMMES(5351プールオム) アルフレッド・バニスター、デザインワークス、セレクトショップ・アバハウスなどを展開する「アバハウスインターナショナル」が展開するブランド。 コンセプトを「ジェントルでエレガントな部分と不良っぽさの共存」とし、ブラックのアウターやダメージジーンズ、ボリュームのあるブーツなどロックテイストなウェアを展開。 一時期よりゴテゴテしさもなくなり、一般的に選びやすくなったブランドと言えます。 ripvanwinkle(リップ ヴァン ウィンクル) ブランドコンセプトを特に設けず、その時代に合わせたスタイリッシュでベーシックなウェアを展開する1997年スタートのブランド。 正統派な男らしいウェアを展開しつつ、ギラギラしない色気を抑えたバランス感覚が人気。 DIET BUTCHER SLIM SKIN(ダイエットブッチャー スリムスキン) 2002年にスタート後、音楽やアート性を取り入れた独創的なファッションアイテムが人気のブランド。 展開されるアイテムは流行を追いかけていくようなモードスタイル。 エレガントで男らしく、色気のある細身のウェアが揃う。 カジュアルなファッションと相性のいいアイテムも多い。 GalaabenD(ガラアーベント) 2004年にスタートしたデザイナー・大川原美樹による女性の視点と感性で作られるメンズファッションブランド。 古き良きクラシックなデザインをソースにしつつ、シルエットやディティールが現代的で合わせやすいアイテムが多い。 かなり細身。 海外でも人気のあるドメスティックブランドJULIUS(ユリウス)を展開する会社が立ち上げ、ややアンダーグラウンドな雰囲気のファッションアイテムが揃う。

次の

【楽天市場】インポート&ドメスティック ブランド古着の買取販売:select7楽天市場店[トップページ]

ドメスティックブランド

Q R• X Y• メンズ• レディース• 情報サイト• WHATS NEW ドメスティックファッションブランド メンズの通販サイトはこちらから。 各ブランドのジャケット、アウター、Tシャツ、パンツ、財布やバッグ、アクセサリーに至るまで画像付きでショップ紹介。 SITE PORICY 東京コレクションに留まらず、新しい世界のコレクションに出展が著しいメンズファッション、ドメスティック(国内)ブランドの詳細情報をナビゲートします。 ドメブラの意味とは国内ブランドのこと。 国外での評価も非常に高く勢いは増すばかりのドメスティックブランド。 多くのブランドが日本人の体型に合わせた服作りを視野に入れ、リアルクローズの概念を持つ作品で、実用性も高い作品を毎シーズン発表。 ロック・パンク・ハードコア・ヒップホップ・レゲエといったミュージックカルチャーに密接に関係する感性を表現しているブランドも多い。 また、独自路線でお兄系等と称される渋谷系ドメブラも売り上げを伸ばしている様子。 レディースにおいては、東京コレクション出展のドメスティックブランド・モード系ブランドだけではなく、ある意味女の子にとって真のリアルクローズが集う「東京・渋谷ガールズコレクション」出展ブランド、109系ブランド等、日本人デザイナーによる本当にジャパニーズに似合う服、自分達が着たい服を提案する国内ブランドが一気に増えてきました。 冬場はスノーボードという検索語も増えます。 当サイトは魅力あふれるドメスティックブランドを深く研究、情報提供していきます。 All rights reserved.

次の

ドメスティックブランドとは?意味や特徴人気ブランドも合わせて紹介│FeelingFashion

ドメスティックブランド

着実にファンを増やすトップバッター 「ダイリク」は、デザイナーの岡本大陸がバンタンデザイン研究所在学中に大阪で設立したメンズブランド。 「ストーリーやルーツが感じられる服」をコンセプトに、アメリカの古着や映画などから得た多彩なアイデアを散りばめ、コレクション毎に異なる人物像を表現しています。 2016年に「」のグランプリを受賞したことを機にに初参加し、2018年春夏シーズンから本格的に東京で展示会を開催。 リアリティのある世界観と、グラフィックやモチーフといった凝ったディテールからも感じられるユニークなアプローチでファンを増やしていて、勢いを感じさせるため1番バッターに抜擢しました。 「第33回イエール国際モードフェスティバル」に出品しファッション部門のセミファイナリストに選出されるなど、海外のアワードでも意欲的な姿勢に期待のブランドです。 2019年春夏コレクションは「Re shape at boot by. POLOMANI」をテーマに、何通りにも着用可能なジャケットやトップス、ボトムスを製作しました。 シルエットが大胆に変化するアイテムは、卸先のセレクトショップ「R for D」などでも好評。 3番・ショート :「ユウキ ハシモト(YUKI HASHIMOTO)」 メンズ ラフ・シモンズやマルジェラで経験しコラボにも積極的な新ブランド 「ユウキ ハシモト」は、京都造形芸術大学を卒業後にアントワープ王立アカデミーに進学し、学士と修士課程を経た橋本祐樹が立ち上げ、。 メンズブランドですがウィメンズアイテムも発表しています。 在学中に「クリスヴァンアッシュ(KRISVANASSCHE)」「ラフ・シモンズ(Raf Simons)」「メゾン マルジェラ(Maison Margiela)」といったブランドで積んだ経験から、1人で全てを作り上げるだけではないクリエイションを学び、様々なブランドや企業、クリエイターとのコラボレーションにも積極的に取り組んでいくそう。 確実な一本で4番に繋げるプレーをしつつ、状況によって盗塁を狙う3番バッターをイメージしました。 4番・サード:「アキヒデ ナカチ(Akihide Nakachi) 」ウィメンズ デビューから海外メディアに掲載、繊細さと力強さを併せ持つ実力派 デザイナーの名嘉地明秀は心理学を学んだ後に文化服装学院に入学。 様々なコレクションブランドでパタンナーアシスタントや販売職を経て、2018年秋冬シーズンに自身のブランド「アキヒデ ナカチ」を立ち上げました。 コンセプチュアルな要素と力強さを感じさせるコレクションを通じて「繊細でありながら芯のある凛とした女性」を表現しています。 見えないものを伝えるために新しい視点から服作りを行い、デビューコレクション「you were are here」では"2人で着るための服"を発表。 US版「i-D」をはじめとする各国のメディアにも取り上げられました。 造形的で奥が深いデザイン力で、早くも頭角を現し始めた新進ブランドです。 5番・ファースト:「ベースマーク(BASE MARK) 」ウィメンズ 機能素材のレイヤードに国内外から注目 「ベースマーク」は繊維商社タキヒヨーが2015年秋冬シーズンに立ち上げニューヨークを拠点に展開していましたが、2016年春夏シーズンをもって休止。 マークスタイラー傘下のブランドでチーフデザイナーとして経験を積んだ金木志穂がデザイナーに就任し、2017年秋冬シーズンに再スタートしました。 遊び心のあるレイヤードスタイルや風合いにこだわった素材選びが注目され、アメリカやドイツ、スイス、イタリアなどに加えて、スペインとクウェートにも販路を拡大。 生産背景や経験に裏付けられた安定感のあるコレクションが、今後どう飛躍していくか期待です。 6番・ライト:「コウタグシケン(Kota Gushiken)」 ウィメンズ 卒業コレクションに注目が集まったニットブランドが今秋デビュー デザイナーのは、高校卒業後にイギリスのセントラル・セント・マーチンズに留学し、ニットウェアのデザインを学びました。 在学中は「ディオール(DIOR)」のクチュール部門や「プロエンザ スクーラー(Proenza Schouler)」などでインターンシップを経験。 卒業コレクションが英ファッションメディアThe Business Of Fashionで「Top 6 Central Saint Martins BA Graduates Of 2016」に選出され、2017年には伊勢丹新宿店「」の若手4ブランドにフォーカスした企画「」にピックアップされるなど、業界から注目を集めています。 鮮やかな色合いと独特な柄が特徴で、ユニセックスの展開も視野に入れているそう。 2019年秋冬シーズンから本格的にコレクションを製作していくことから、下位打線トップバッターの6番打者に抜擢しました。 7番・キャッチャー:「ワイオーエヌ(Y. )」 メンズ 新たなジェンダーレスファッションを提案する気鋭ブランド デザイナーの寺田典夫は文化服装学院卒業を卒業後、国内のドメスティックブランドやセレクトショップなどでキャリアを積み、2018年秋冬シーズンに「ヨーク」を立ち上げました。 「繋ぐ」「絆」「服の切り替え布」といった意味を持つブランド名には「モノがヒトをつなぎ、ヒトがヒトをつなぎ、ヒトがモノをつなぐ」という思いを込めているそうです。 2019年春夏コレクションは「SHAREWARE」をコンセプトに、一着を男女間でシェアすることができるアイテムなどを製作。 ファスナーで上下に分かれるデザインのコートは、上を男性のブルゾン、下を女性のラップスカートにすることができる仕様で、新しい服をシェアする方法を提案しました。 斬新なアイデアは、鋭い変化球が持ち味のピッチャーを彷彿とさせます。 今回は、メンズ、ウィメンズ、ユニセックスのブランドがバランスよく揃いました。 学生時や卒業コレクションから注目を集めていたり、アパレルやデザインの経験を積んでから独立したり、スタートの形はそれぞれながら成長のスピード感が印象的でした。 以前に本企画で紹介した「」のように、世界で評価されるブランドに飛躍するか?9人のホープそれぞれが率いるブランドの今後から目が離せません。

次の